お金を借りる

お金借りる

 

お金を借りるのに、銀行カードローンか消費者金融かで悩まれる方は多いですよね。では、銀行カードローンでお金を借りるメリットとデメリットはどんな点になるのでしょうか。

 

メリット メリット1【銀行の融資という抜群の安心感】
やはり銀行カードローンは銀行の融資という点で安心感・信頼度が大きいです。お金を借りるにあたって、やはり消費者金融は抵抗がある、と考える方はいまでも少なくありません。

 

しかし同じお金を借りるにしても銀行カードローンであれば銀行の融資になりますし、キャッシングに対して漠然と不安と考える方には安心してお金を借りることができる方法と言えます。

 

メリット メリット2【魅力的な金利の低さ】
銀行カードローンのメリットはなんといっても金利の低さです。やはり、お金を借りるからには誰しもできるだけ余計な利息は支払いたくありませんよね。金利の低い銀行カードローンで借りることができれば、支払い負担を少しでも軽くすることができます。

 

特に、高額で長期の借入の方の場合、少しの金利差でも結果的に大きく影響しますので金利の低さは重要なポイントです。

 

メリット メリット3【高額融資が可能】
銀行カードローンの融資額は、高いところで最高1,000万円など非常に高額な融資にまで対応しています。消費者金融は貸金業者にあたりますので、いくら最高限度額が高くても総量規制の影響により自身の年収の3分の1までしか借りることができません。

 

高額な借入を希望する場合には、金利の影響も大きいですし、やはり銀行カードローンがおすすめです。

 

以上のようにさまざまなメリットが銀行カードローンにはありますが、それでは、デメリットについてはどうでしょうか。

 

デメリット デメリット1【審査が厳しい】
銀行カードローンは低金利なぶん、審査は厳しい傾向にあります。もちろん審査基準には各社で違いがありますので一律どこも厳しいというわけではありませんが、全体的に厳しい傾向にある、と思っておいていいでしょう。そのため、アルバイトやパートの方ですと、消費者金融に比べてやや借りにくい傾向があるかもしれません。

 

デメリット デメリット2【審査時間がかかる傾向がある】
審査が厳しいということは、それだけ審査が慎重に行われるため時間もかかります。銀行カードローンにも即日融資可能なところは多くありますが、大手の消費者金融の審査が「最短30分」など非常にスピーディなのに対して、銀行カードローンの審査時間は「最短即日」程度のところが多く、実際審査も2営業日程度かかるケースも少なくないようです。即日融資を希望していて銀行カードローンを選ぶ場合には、即日で借りられない可能性のことも考えておいたほうがよさそうです。