お金を借りる

お金借りる

 

お金を借りるときには何が必要なのでしょうか?

 

身分証明書や実印なども必要になってくるのでしょうか。住民票みたいに市役所に取りに行かないといけない書類があるようですと、準備する時間も必要になってしまいますよね。実は、消費者金融や銀行カードローンなどでお金を借りる場合に必要なものというのは、意外にシンプルなのです。

 

特別に用意しなければならないようなものはなく、借りる額にもよりますが、基本的には運転免許証などがあればお金を借りることが可能です。

 

【本人確認書類】
本人確認書類というのは、運転免許証など身分を証明できる書類のことで、一般的にはほとんどのカードローンでこの本人確認書類の提出が必要になります。各社により多少の違いはありますが、本人確認書類には以下のようなものがあります。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書(外国人登録証明書確)
  • 在留カード
 など

 

運転免許証は持っていないという方でも、健康保険証はほとんどの方が持っていますよね。普段から両方ともお財布に入っている、という方も少なくないのではないでしょうか。

 

【収入証明書】
では本人確認書類以外に必要なものは何なのでしょうか。収入証明書はお金を借りる際に必ず必要なものではありませんが、所定の額以上の借入になる場合に提出が必要となるものです。こちらも、各社により多少の違いはありますが、収入証明書には以下のようなものがあります。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
 など

 

消費者金融などの貸金業者の場合には、総量規制で50万円以上の借入の場合や複数の貸金業者合わせて100万円を超えるような借入の場合には収入証明書の提出が必要と定められています。

 

ただし、銀行の場合には各銀行ごとの設定金額となっており、なかには300万円まで収入証明書不要というところもあります。